プリンス・エドワード・アイランドのB&B

Kindred Spirits Country Inn

キャベンディッシュの「グリーン ゲーブルズ ハウス」のお隣。
かなり人気が高いらしく、検索エンジンにかけると
でてくるわでてくるわ、宿泊体験談が。
たしかに、
お部屋は愛らしく、清潔!
居間の雰囲気も上品!
朝ごはんには、手作りのポテトキッシュ!
親切なオーナー夫妻!
と私的にもポイントの高いインでした。
a0034225_3125196.jpg

リビングでくつろぐカナダ人親子。親子連れも多く利用するらしく、ゲームや子供向けビデオも用意されていました。


a0034225_3151959.jpg
青でも、この落ち着いた青。
フレンチカントリースタイルによく使う色のようだけど、
この色のせいかな?
甘くても、幼さがないのは。
けっこう好き!


a0034225_3182294.jpg
リビングの窓辺コーナー。
リネンのランプシェード、
いい風合いです。











きっと生涯忘れないステイとなったのが、
3日目の最終日に泊まった「Chez vous」。
キャベンディッシュとシャーロットタウンの中間にある小さな町のB&Bですが、
モダンな外観とシックな客室で、それはそれはステキな時間を過ごせました。

PEIに来る機会があったら、ぜひまたここで!

ところが、なんと今年、
しかも私たちを最後のゲストとしてB&Bで締めるというのです。
なんでも2000年に奥様を亡くし、その後ひとりでB&Bをきりもりしてきた50歳代後半であろうオーナー。毎年、B&Bを訪れるゲストたちと過ごす時間は充実そのものでしたが、
十分楽しむことができたし、これからは少しのんびりしたいそうなのです。

「手伝ってくれる人がいれば、B&Bをしながらのんびりすることはできると思うけど・・・
このB&Bのデコレーションは、すべて妻がやったんだ。妻以外の人とここでビジネスをする気はないしね」

なんとも切なくて、キュンとしました。
旅人は旅先でさまざまなドラマを繰り広げるけど、
旅人を受け入れる人もまた、さまざまなドラマがあるんだな・・・・・

a0034225_3482825.jpg

真っ赤に色づいたこのメープルツリー、ダイニングからも堪能できました。


a0034225_348572.jpg

クイーンベットも小さく感じてしまひろびろとした客室。プライベートバスはジャグジー。


a0034225_3492111.jpg
憧れのベットスカート。難しい花柄をセンスよくコーディネート。
[PR]
トラックバックURL : http://viva933.exblog.jp/tb/1156253
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by easternsky at 2004-10-11 15:39
青い寝室、にあこがれているこのわたし。
この色もヒジョーにビミョーな色ですねぇ。
あまり淡い色は主人の反対で使えそうにないし、
ビミョーな色合いって出るの?壁紙あるの?って感じだしね。
どうなることやら。。
Commented by marmina1 at 2004-10-11 16:41
見た感じはチュイルリーンに似てますよね。こちらの方がもう少し「ウェッジウッドブルー」似かな?easternskyさん、この際ですから壁紙探しの旅に出てみては?ん〜、でもどこに行くと多いのかな?
Commented by viva933 at 2004-10-11 22:58
easternsky さん、 marmina1 さん、この壁の青、ちょっとグレーがかっているんですよね。で、ペンキだったんですよ。カナダでは色のイメージを伝えると、ブレンドして色を作ってくれるペンキ屋さんがあるけど、日本にはあったけ・・・? 壁紙探しの旅、いいかもよん^^。NYあたりに。あ、NYにインテリアコーディネーターしてる友人いますよ。
by viva933 | 2004-10-11 03:20 | P・E・I | Trackback | Comments(3)

     毎日、旅気分!         最近はバレエに夢中!


by viva933