チャレンジ精神と英会話

海外で語学を学んでいらっしゃるブロガーさん、大勢いますね。
異国で生活するということは、習慣や価値観、文化の違いで、
いろいろ苦労もありますが、広く世界を知るいいチャンス。
ぜひ、楽しんで欲しいです。

私も、かつてカナダで英語を学ぶ生徒だったときがありました。
日本でも、まあ多少英語を勉強したものの、しょせん、一夜漬けのようなお勉強です。
話そうにも、相手が何言ってるのかわからないので、話しようがないんです。
でも、私は本当にいい性格。
こういうときは潔く諦め、焦らない (笑)。
そして、カナダに来たことを後悔しないよう、
お勉強も頑張りつつ、この街にいる時間を有意義に過ごそうと決意したのです。

で、ボランティアにも精を出す。
日系人協会では折り紙をおったり、持ちつき大会のお手伝いしたり。
忘れかけてた文化に触れる機会は、日本ではなかなか得られない時間です。

そこで私は生涯忘れることはないだろう、ひとりの日系人女性と出会いました。
その人はA・Yさん。80歳をすぎた、トレンチコートとハイヒールがとても似合う、すてきなマダムです。

ご両親は大陸横断鉄道開拓移民。アルバータ州の生まれたA・Yさんはウイニペグの日本人学校に入学(当時は、日系人のために日本人学校もあったんですね)し、日本語で授業を受けてたおかげで、日本語も母国語のように話せるようになったそうです。
そんな幼いときの記憶に加えて、移民たちの歴史、辛かったこと、楽しかったこと、望郷の念とカナダ人として生きることの希望と誇りなど、いろいろお話しを聞かせてくれたのも貴重な体験でした。ちゃんとメモをとっておけばよかった。そうすれば、「カナダ日本人移民の歴史」で論文かけたのに・・・・。

A・Yさんと私は妙に気があい、孫のように可愛がってくれました。
「食事に行きましょう」というA・Yさんのお誘いを遠慮せず、「いいですね~。行きましょう行きましょう」とお受けするのが、とても気持ちがいいそうです。

そして、A・Yさんが話してくれた、この言葉。
この言葉のおかげで、私はどんなに勇気づけられたことでしょう。
英語を口にするとき、気分がす~と楽になりました。

「たとえ間違っても英語を話す人は“チャレンジする人”とカナダ人は評価しますよ。正解不正解より、チャレンジするかしないかを見てるんです」

間違ってもいい。
堂々と間違えれば、間違いを訂正してくれる人がいた。
すると、その間違いが脳に深くインプットされ、
次回は間違えずに話せるようになった。
カナダ人の友人も増えた。
ますます英語を話す機会が増えた。
英語で笑う。英語で怒る。英語で悲しむ。
そんな英語漬けの日々を送る自分に感激し、
英語を学んだカナダが大好きになった。

(もっと真剣にお勉強されてる方には、なんてのんきな!と怒られそうですが・・・)

a0034225_052118.jpg
画像はオタワにある総督官邸。敷地内には美しく整備された庭園もある。年に一度、誰でも自由に参加できる総督主催ガーデンパーティを開催。以前はジュース、サンドイッチ、ビスケットなどが無料で振舞われたが、最近はサービス縮小の傾向・・・・・


(4年前、A・Yさんが亡くなったとの連絡を日本で受けました。高齢でしたが、やはりショックです)




ん~~~。
プスプス感はなし。
やはり、室内の気温低すぎ?

でも、フタを開けるとき「ポンッ!」だって。
これって、醗酵してる証拠?
いいにおいだし。

ネットで調べてみたら、いろいろな説があり、
酵母菌が活性するまえ3日~1週間というサイトも。
まだまだ、望みありってことで。ふれ~ふれ~り・ん・ご!
[PR]
トラックバックURL : http://viva933.exblog.jp/tb/1376930
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 百花繚乱「ぼたんの屋敷」 at 2004-12-01 23:18
タイトル : 褒めて育てることの大切さ
「自分で着たと?偉かねー」「若か人の着物は良かねー」 着物を着始めてまだ間もなくの頃 着物で出かけるとよく年配のご婦人がにこにこと こんな声を掛けてくださり すごく嬉しくなったことを思い出します “大丈夫かな?おかしくないかな?”とドキドキしながら 勇気を出して出かけてみたものの でもやっぱり ちょっとだけうつむき加減で着物を着ていたあたしにとって  こんな風に掛けてくださる一言は とっても励みと自信になったものです  今になって冷静に考えれば 着物仲間のずずさんがここで書いているように ...... more
Tracked from 晴れたり 曇ったり at 2004-12-03 13:33
タイトル : コンスタンツェハウス
「さいたま のち カナダ ときどき どっか(仮)」のvivaさんの チャレンジ精神 と英会話を読んで私もチャレンジしてみました。... more
Commented by rucy343 at 2004-11-30 22:14
市の主催する英会話に通い始めてはやン年。もちろんず~っと初級。国際交流で外国の方とお話しする機会はあるのですが・・・きっと間違ってるんだろうな~と思うと口にチャックしてるんです。やっぱり勇気を出してチャレンジですね!!!
Commented by ryosanjin at 2004-11-30 23:21
うーん、英語ネタ、恥ずかしいけど、いつも図図しくしゃべってます。(笑い)そんな難しい話はできないし、いいかげん、笑ってごまかしてます。私も、NYの日系移民協会の方といろいろ話をきく機会がありました。大変な苦労された話、涙がでました。
Commented at 2004-12-01 03:14 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by viva933 at 2004-12-01 09:30
rucyさん、おはようございます。国際交流に参加されているんですか~。いいなぁ~。日本人が英語を間違っても、さほど外国の人は気にしてないみたいです。「頑張って話す」というところを、高く評価してくれる、いうA・Yさんの言葉通りだと思いますよ。英語、楽しんでくださいね~^^
Commented by viva933 at 2004-12-01 09:36
ryosanjinさん、おっはようございます。NY移民の方も苦労されたでしょうね。カナダは他国への移民事情よりは、比較的恵まれてたそうです。ただ、戦時中は財産没収され、苦労したようですが。私も、まだまだトンチンカンなこと言ってるようですよ。さすがに親しい人はネイティブ並の語学力を要求しているので「いい加減に、上達せよ」と言われ、先日は「もう、学校からお金返してもらいな」とからかわれております。どういうわけが、ケンカになると英語なのに饒舌になります。(笑)
Commented by viva933 at 2004-12-01 09:39
鍵さま、おはようございます&はじめまして!コメントありがとうございます。いいですね~。思い切り学び、思い切り遊んでくださいね^^
Commented by fuuki-no-botan at 2004-12-01 23:25
そうよ なにごともまず”チャレンジ”すること その気持ちが大切なんだわ~
A・Yさん ご存命なら是非お話してみたかったものです(残念)
Commented by viva933 at 2004-12-02 00:06
ぼたんさん、TBありがとうございます♪ ですよね~。挑戦しなくちゃ、何も始まらないし。A・Yさんの教えを守り、着物もチャレンジします!です!
Commented by rucy343 at 2004-12-03 15:24
vivaさんこんにちわ!「チャレンジ精神と英会話」トラックバックさせていただきました。ってかあんましトラバになってないかもね。
Commented by viva933 at 2004-12-03 17:15
rucyさん、もしかしたら「初トラバ」ですか? これも、チャレンジですね。私、はじめてトラバやるとき、けっこう緊張しましたよ。これから、遊びにいきますね! 
by viva933 | 2004-11-30 01:00 | Canada | Trackback(2) | Comments(10)

     毎日、旅気分!         最近はバレエに夢中!


by viva933