おせんべができるまで

ことしの冬は突然やってきましたね。

春だとか、秋だとか、

気持ちいい~~という時期がどんどん短くなっていくような気がします。



とはいうものの、

まだ暖房いらずの、さいたま@我が家の場合です。




先日、地元の郷土博物館に行ってきました。

博物館と言っても、

地域の人からの寄贈品でなりたっている施設で、

巨万の富が築けそうなお宝はないけど、

庶民の暮らしに根付いた、

昔懐かしいアイテムが展示されていました。



おせんべの町らしく、こんなコーナーも。

おせんべが作られるまでがわかりますね。



うるち米をふかします。
a0034225_11434337.jpg


餅つきのように、米をつきます。
a0034225_11451743.jpg


薄い円形も形成して、乾燥させます。
a0034225_1147252.jpg


焼きます。これにお醤油をつけたら、でき上がり!
a0034225_11472067.jpg


シンプルすぎる日本のお菓子。

香ばしいお醤油のかおりが、日本人の魂をゆさぶるんですよね!




興味深い体験コーナーもありましたよ。

一升瓶でのお米つきとか、
a0034225_1149234.jpg


火おこしとか、
a0034225_11495312.jpg


足踏みミシンも!
a0034225_11503013.jpg



少し前、ごく当たり前に使われていたものたちが、

今では珍しいものとして展示されているだなんて、

文明というか、

時代の流れというか・・・・

そのうち、パソコンも展示される時代がくるのかな~?


こういうレトロなものは、今でもかわいく思います。

a0034225_11522310.jpg






a0034225_11532926.jpg

大正15(1926)年、草加小学校西校舎として建てられたもので、設計は大川勇氏。
埼玉県初の鉄筋コンクリート(RC)造校舎で、重厚さや、モルタル仕上げの知的なグレーの壁面と、
当時としは超モダンな建物だったそうです。
平成20年10月23日付で国の登録有形文化財に登録。



a0034225_11572020.jpg


水原秋桜子の詠んだ句も。文化の町でもあります。




草加市歴史民族資料館








[PR]
トラックバックURL : http://viva933.exblog.jp/tb/16807140
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by dimanamana at 2012-11-17 23:53
おせんべのできるまで!ステキですね~♪ おせんべ焼いてみたいわ(^^)
押さえる丸いのでギュッとしてみたい。

足踏みミシンが展示されているとは(^^;)昔うちにもあったし家庭科の
授業でも使った世代なので、自分も『古い』ニンゲンに分類される日が
近いことを実感しました。
今の若いコたちは、テレビが白黒どころか携帯も白黒(?カラー
じゃないという意味です ^^;)だったことも知らないんだろうな~。
電話番号って自宅のほかにもいくつも覚えてた、とか。

モノ、ではありませんが、『電話をつないでもらうという行為』を博物館
的に残してもらいたい、ワカモノに知ってもらいたい、と思ってしまいます。
カノジョや彼氏と直接話す前に、相手の家族・・・お父さんやお母さん、
声の似た兄弟姉妹と言葉を交わさねばならない確率大!という状況。
携帯のメールで告白したり分かれたりの世代にはキツイでしょうね(笑)

話がずれてしまいスミマセン。
Commented by viva933 at 2012-11-21 08:53
dimanamanaさん、

おせんべの町は、いたるところで「せんべ焼き体験」ができるんですよ。焼きたては本当においしいです。
帰省したさいは、ぜひ!!

あ~~。
そうですよね。一昔前は、電話にかならずといっていいほど、家の人が出て、呼び出してもらっていましたね。ご両親がでたら・・・と、どきどき♪
でも、そのおかげで親は子どもの交友関係とか、どんな友達と付き合っているのか把握できたのでしょうね。言葉使いで、マナーなんかもわかるし。

「ダイヤル回して、手を止めた~~」
という歌の意味もわからない時代ですね。
文明はときとして、情緒が失われます・・・・。
by viva933 | 2012-11-16 12:00 | 埼玉の暮らし | Trackback | Comments(2)

     毎日、旅気分!         最近はバレエに夢中!


by viva933