<   2004年 10月 ( 18 )   > この月の画像一覧

My favorite

asagiさんのブログで、「こだわりの逸品」という記事をみつけました。asagiさん、それはかわいいケトルを愛用しているんです♪ じつはこの記事、 designcafeのTB企画。私のさっそくdesign-life さんの皆さんのお気に入りの逸品は何ですか?にTBしてみました。
(逸品と言うわけじゃないんですが・・・・^^;)

私のお気に入り①アラジン社の魔法瓶
a0034225_22253434.jpg

A:気に入っている理由は?
このグラマラスなライン!(笑) ちょっと独楽のように見えるキャップ。そして、落ち着いたツートンのカラー。もう、かわいくて、かわいくて、一目惚れしてしまいました。
B:購入した、もしくはプレゼントされた時期は?
3年前の春。
C:手に入れた時の気持ちを一言。
うひょひょっ! 購入先は近所のごく普通のリサイクル屋さん。美人姉妹が経営とかで朝のワイドショーで紹介されてたから、ちょっと覗きにいったときに見つけました。未使用で、お値段なんと300円!

お気に入り②guzziniのオイル入れ
a0034225_22251399.jpg



a0034225_22234875.jpg

A:気に入っている理由は?
やはりデザインが好き。シンプルでおしゃれ。毎日見ていても飽きない。意外と安定感がある。清潔感もある。
B:購入した、もしくはプレゼントされた時期は?
2年前の夏。地元のお祭りの日。
C:手に入れた時の気持ちを一言。
うっしっし! これは地元の商店街で、まもなく閉店するだろうと思えるほどやる気のないおじいちゃんが商いしている金物屋さんで発見。いわゆるデットストック状態で、ほこりまみれでした。おじいちゃん、値段わからず「100円でも200円でもいいよ」だって。たしか、300円おいてきたはず・・・・・・

お気に入り③お恥ずかしい! 手作りの鍋敷き&鍋つかみ
a0034225_22213311.jpg

A:気に入っている理由は?
お気に入りだったスカートとシャツをリフォームしたもの。なんといっても、ミシン踏み踏みして手作りした作品、第1号。愛着もひとしおです。はい、原宿「Zakka」オリジナルをパクリました・・・・・・・
B:購入した、もしくはプレゼントされた時期は?
3年前の冬( けっこう汚れているのですが、画像では見えませんね^^ かなり、クタクタです)
C:手に入れた時の気持ちを一言。
やった~! ミシン踏めるじゃない。(自己流洋裁を始めるきっかけとなりました)
[PR]
by viva933 | 2004-10-31 21:16 | 埼玉の暮らし | Trackback | Comments(10)

手作りの携帯ストラップ

a0034225_034317.jpg

                      冬に一直線の今日このごろ。
                  携帯ストラップにも季節感を!ということで、
                      毛糸で編んでみました。

                     ディスプレイ拭きにもなります。

                   (この画像じゃ、よくわかりませんね^^;)

こんなのも!
[PR]
by viva933 | 2004-10-31 00:04 | Trackback | Comments(0)
パンティーププラザ


ここはパソコンのパーツやら、ハードウエアやら、ソフトやら、周辺機器やら・・・
私にはちんぷんかんぷんの商品を扱う小売店がひしめいているそうです。
私はとくに欲しいものもないし、見たいものもないのですが、
ハイテク好きな相棒Pが「行きたい」って熱望するもんだから、
午後3時くらいからちょっくら出かけてみることにしました。
a0034225_217536.jpg


ふ~~ん。
違法ソフトとかを売ってるとかいうから、
もっとブラックマーケットらしく怪しい雰囲気かとドキドキしたけど、
ビルの中央が吹き抜けになった、モダンな作り。
明るいし、怪しさだったら秋葉原のほうが上かも(笑)。
秋葉原の電気街をビルにひとまとめにしちゃったら、
きっとこんな風になると思うよ。
屋根のある秋葉原・・・雨の日のお買い物も楽チンね♪

日本で買うよりも、カナダで買うよりも安いよ!!と、
Pは嬉しそうにデジタル画像を加工するための周辺機器(だったと思うけど)を眺めてる。
よかったね。
でも、私は面白くない。
こういうとき、待ち合わせ時間と場所を決めて別行動とるんだけど、
ここでは携帯もないし、もしも、なんかの理由であえなかったら、探すの大変そう。
今日は付き合ってあげるよ。
そのかわり、買い物が終わったら、ビル内のフードコートでご飯ね!

3時間うろついたあげく、結局、買うまでにはいかなかったらしい。
この人、物を買うとき、めちゃ慎重・・・。海外では帰国してから何かあったら・・・と、あらゆる可能性を想定してあれこれチェック。ちょっとでも?があればどんなにお買い得だろうが買わない。10分以上店員さんをつかまえて、あれこれ聞いて、結局購入せず・・・というとき、私はけっこう恥ずかしいのよ。
ちなみにPはイギリス系カナダ人(B型)。

でも、「デジカメのメモリーカード、32MBじゃ足りないっしょっ」と、
256MBのカードをかってくれた。ほほほ~ 着いてくるもんですね♪
お値段は日本の半額程度だったかと・・・・。

ペップリー通り沿い
インドネシア大使館のそば
(パンティーププラザをパンティープラザと思い込んでたのが、私だけ?)

ご飯は!
[PR]
by viva933 | 2004-10-29 22:51 | アジア | Trackback | Comments(4)

なんちゃってタイご飯

今日の予定は朝から自宅で仕事をして、
午後3時ごろに、それを取引先にお届けすれば完了。
なので、久しぶりにお昼も夕ご飯も自宅で食べることができます。


a0034225_21175596.jpg

お昼は、タイで病みつきになってしまったカッパオムー!・・・・といきたいけど、作り方もわからないし、バジルもない。だから家にあったワケギを使って、なんちゃってパックラオムを作ってみました。味付けは適当にニョクマム、醤油、牡蠣油、砂糖。中途半端に残っているニンジン、しいたけも入れちゃった。これじゃあ、「なんちゃって」じゃなくて、まったく別もんだ。でも、玉子焼きを添えて、気分はあくまでもカッパオムーです。



a0034225_21164716.jpg
夕飯は、鎌倉「不識庵」の精進料理、「さつま芋の緑酢和え」を真似して、「さつま芋とかぼちゃの緑酢和え」。もちろん作り方はわからないので、これまた適当。さつま芋とかぼちゃを素揚げして、塩をまぶし、キューリの摩り下ろしに酢を加えたドレッシングを合わせてみました。本物とはかなりずれている味だけど、さつま芋もかぼちゃの甘みにキューリ酢があう。



他に  赤米入りご飯
     湯豆腐
     かつおのお刺身
     (葉っぱものがない・・・・・・)
[PR]
by viva933 | 2004-10-28 21:14 | 埼玉の暮らし | Trackback | Comments(0)
「バンコクで最も美しい手入れの行き届いた庭園を見下ろすスワン・パッカード宮殿」

と言われたら庭園巡り好きの私は、黙っていられません!
熱帯性の植物が美しかったジム・トンプソンの庭を見てからというもの、
植物で生い茂らせながらもスッキリ見せる計算されたタイの庭作りに興味深々です。

スワン・パッカード宮殿はラマ5世の約60人の子ども(!)の、そのうちの息子の一人の居住で、その人の死後その息子、つまりラマ5世から見れば孫にあたる人とその奥様が引き続き住居にしていた場所だそうです。芸術への関心が高く、タイのアンティークを多数収集。そしてその孫も死に、その奥方が居住場所を博物館にしました。

a0034225_21371291.jpg

周辺はビルに囲まれているのに、宮殿はとても静か。平日だからかな?見学者は私たちの他に、カップル一組・・・。貸切状態のよう。


a0034225_21355227.jpg

熱帯性植物でいっぱい。葉がみずみずしく輝いている。」
ここでお昼寝したら、気持ちいいだろうな・・・・
ひんやりした床に寝転んで、まどろみたい。





開園時間: 月曜から土曜日9:00~16:00 日曜日休館
シ・アユタヤ通りにあり、パヤタイとラチャプラロップの間に位置。
入場料金 : 100 バーツ
(収益金は芸術を志す若者の支援するために使われています)

庭園はこんな感じ!
[PR]
by viva933 | 2004-10-27 21:50 | アジア | Trackback | Comments(3)

Bangkok Oh! Mambo

その存在はうっすらとは知っていたのですが、
とくに興味はなかったんです。
わざわざお金払ってまで行く価値などあるのでしょうか。
そこの何がそんなに面白いのでしょう!! 


ところがバンコクの空港で手にした日本人観光客向けの情報誌「バンコク通信」を見ると、
「通常800バーツのところ、本誌持参のお客様に300バーツにディスカウント」とあるのです。半額以下です。2人分支払っても600バーツ。一人分に満たないお値段なんです。
なんとなく体中がお得感に満たされてしまい、これは行かなくては損してしまいそう。ということで、さっそくバンコク通信に掲載されてた「パンダツアーズ」に電話して、チケットを2枚予約してしまったのです。

午後8時の開演に合わせ食事を済ませ、スカイトレインに乗って行ってきました、噂のニューハーフの殿堂、「マンボキャバレーショー」へ!
ええ、ちょっと古い表現ですが、カルチャーショックでした。
美しい、色っぽい、チャーミング。
よほど真剣にトレーニングしているんだろうなあ、ダンスだってかっこいい。
おかまちゃんというより、
「鍛えぬいた肉体を作りあげた美しい人間」という感じかも!

(いつまでこのディスカウントサービスが続くかわかりませんが、もしもマンボ行きを希望しているなら、空港で「バンコク通信」をみつけ、チェックしてみるといいですよ)

衝撃のマンボショーはこちら
[PR]
by viva933 | 2004-10-24 22:59 | アジア | Trackback(2) | Comments(8)
タイシルクでおなじみのジム・トンプソン。
シルク製品の興味はないのですが、
eatbangkokさん のブログで紹介していたカフェと、
ジャングルのような彼の庭園が見たくて、
「ジム・トンプソンの家」に行ってきました。

現在ミュージアムとして公開されているジム・トンプソンの家はタイの伝統的な古いチークの家(1958~1959年の建築当時でも50~200年前のものだったというから、かなり古い)6軒から成り立ち、6軒のうち5軒はアユタヤから川を下って運んできたとか。室内は残念ながら撮影禁止だったのですが、18世紀~19世紀のバンコクの宮殿から集められたというシャンデリアをはじめ、タイのベンジャロン焼きやスンカロック陶磁器、クメール王朝の塑像などがいたるところに置かれ、タイで成功した外国人の裕福な暮らしぶりを垣間見ることができました。

それにしても、これだけ豪華絢爛なインテリアに囲まれ、作家のサマセット・モームや女優のアン・バクスターなどの有名人を招くなどして楽しく過ごしていた(のだと思う・・・)のに、ジム・トンプソンがこの家で生活したのは、たったの8年間らしいのです。その後、61歳のときマレーシアのキャメロン高原にある友人の別荘に滞在中、散歩に出たまま行方不明。大々的な捜索にもかかわらず、現在でも手がかりはないそうなのです。謎の失踪とミステリアスに伝えられていますが・・・・・・
(やはり、お金が絡む人間関係よるMurder caseなのでしょうね。←私の憶測)

a0034225_6264282.jpg


古いタイの家屋で防錆剤として用いられている赤い塗料が塗られた外壁と濃い緑の対照的な組み合わせがエキゾティック。

a0034225_6485071.jpg

こちらはミュージアムに隣接するカフェ。エアコンのきいた室内もあるけど、雨季も終わりに近づく10月は水辺のテラスが気持ちよい。


a0034225_12135540.jpg
食べました! 食べました! eatbangkokさんのブログを見て憧れてたカッパオムー! う~~ん、 チリが効いてパンチのある味! バジルと豚肉って合う! おいしい! 。たまごの黄身とひき肉をちょこちょこと混ぜると、チリの味がマイルドになり、これまたおいしい♪


a0034225_12145282.jpg
洋ナシと抹茶のタルト。甘さ控え目なのがいい。
(あっ、実際にはお皿にオーキッドの花は乗っていません・・・・テーブルにある切花を勝手に使って写真を撮ってしまったので・・・)

こちらは本店
[PR]
by viva933 | 2004-10-24 07:04 | アジア | Trackback(1) | Comments(6)
ハーブをたくさん使った料理を食べてみたいなぁ~。
すると薬学部のP教授がバンコク市内のベジタリアンレストランを紹介してくれました。

都心にあるレストランにもかかわらず、
レインフォレストにいる気分。
食事もおいしいし、テーブルから眺める緑もとってもきれいです。

a0034225_23495282.jpg

ぜひ、おすすめ!なんですが、ごめんなさい。
お店の住所、うっかりして聞きそびれてしまいました。この看板が目印です。
(住所はわかり次第アップします^^)


a0034225_03915.jpg

ドアを開けると店内席があり、その向こうがレインフォレスト風レストラン。


a0034225_23522681.jpg

画像には写っていませんが、テーブル席エリア周辺には霧を発生する機械があり、ひんやりした空気が流れる仕組みになっているんです。もう、サバ~イ!!


a0034225_0194993.jpg


a0034225_0201576.jpg


野菜、ハーブ、豆腐などを中心に、さまざまな料理が用意。私は2種のおかずを選べるコースをいただきました。


a0034225_0204189.jpg

私のご飯! アロ~~~イ♪


a0034225_021963.jpg

これが最高においしかった、海草アイスクリーム。トッピングの胡麻も風味豊かで、なにげに海の香りがするアイスと相性ばっちり。スイカも甘かったよん~。2個食べちった^^
[PR]
by viva933 | 2004-10-22 00:10 | アジア | Trackback | Comments(4)
タイといえば、「ハーブ」。
あれほど世界中に受け入れられている料理を生み出した国なので、
さぞかしすばらしいハーブ園があるにちがいない!

そう考えた私は、知り合いの知り合いの、そのまた知り合いの弟の知り合いの・・・・というあらゆるコネクションを駆使し、バンコクの隣町(バスで1時間)にある薬学部付属ハーブ園を訪ねることができました。しかも、日本からやってくる私たちのために、光栄にも教授2名がガイドしてくれるという、なんとも贅沢なハーブ園ツアーです。

このハーブ園は国の援助により、タイ全域から約1000種のハーブを収集し、この地に自生させ、そして効用や摂取法の研究を目的としています。古くから伝わる民間療法のハーブという認識ではなく、積極的に病を解消させる「薬」としのハーブ研究は、西洋医学でも難病といわれる病気にも効果を発揮し、世界中からも注目されているとか。あんな可憐なお姿なのに、計り知れない能力をもつハーブ。すばらしいです!!

「体に良くておいしいハーブを毎日食べられたら、それはとても幸せなことですよ。健康は美しさにも繋がっていますからね」
と、ゆったりとした身のこなしが美しいP教授。
なるほどっ!日本に帰ったら、いろいろなハーブ育てようっと!♪

a0034225_23252511.jpg

研究機関だけど、シンメトリーな花壇もあり、ちょっとした庭園といった雰囲気。


a0034225_23361629.jpg

敷地内には雨林もありました。
ここは昔からある天然林ではなく、移植して作った森だそうです。
[PR]
by viva933 | 2004-10-21 23:37 | アジア | Trackback | Comments(0)

Bangkok ただいま~♪

サバ~イ!
アロ~イ!

昨日、無事にバンコクから戻ってきました。

トゥクトゥクに乗ったり、
カオマンガイを食べたり、
ウイークエンドマーケットに行ったり、
バスで大学付属のハーブガーデンに行ったり、
スパに行ったり、
フローティングマーケットに行ったり・・・・・etc

面白かった!!
おいしかった!!!
許されるなら、あと1週間滞在延長したかったなぁ~

近日、画像アップしますので、
よかったら、また見てやってくださいませ。
[PR]
by viva933 | 2004-10-20 05:53 | アジア | Trackback | Comments(2)

     毎日、旅気分!         最近はバレエに夢中!


by viva933