おせんべができるまで

ことしの冬は突然やってきましたね。

春だとか、秋だとか、

気持ちいい~~という時期がどんどん短くなっていくような気がします。



とはいうものの、

まだ暖房いらずの、さいたま@我が家の場合です。




先日、地元の郷土博物館に行ってきました。

博物館と言っても、

地域の人からの寄贈品でなりたっている施設で、

巨万の富が築けそうなお宝はないけど、

庶民の暮らしに根付いた、

昔懐かしいアイテムが展示されていました。



おせんべの町らしく、こんなコーナーも。

おせんべが作られるまでがわかりますね。



うるち米をふかします。
a0034225_11434337.jpg


餅つきのように、米をつきます。
a0034225_11451743.jpg


薄い円形も形成して、乾燥させます。
a0034225_1147252.jpg


焼きます。これにお醤油をつけたら、でき上がり!
a0034225_11472067.jpg


シンプルすぎる日本のお菓子。

香ばしいお醤油のかおりが、日本人の魂をゆさぶるんですよね!




興味深い体験コーナーもありましたよ。

一升瓶でのお米つきとか、
a0034225_1149234.jpg


火おこしとか、
a0034225_11495312.jpg


足踏みミシンも!
a0034225_11503013.jpg



少し前、ごく当たり前に使われていたものたちが、

今では珍しいものとして展示されているだなんて、

文明というか、

時代の流れというか・・・・

そのうち、パソコンも展示される時代がくるのかな~?


こういうレトロなものは、今でもかわいく思います。

a0034225_11522310.jpg






a0034225_11532926.jpg

大正15(1926)年、草加小学校西校舎として建てられたもので、設計は大川勇氏。
埼玉県初の鉄筋コンクリート(RC)造校舎で、重厚さや、モルタル仕上げの知的なグレーの壁面と、
当時としは超モダンな建物だったそうです。
平成20年10月23日付で国の登録有形文化財に登録。



a0034225_11572020.jpg


水原秋桜子の詠んだ句も。文化の町でもあります。




草加市歴史民族資料館








[PR]
# by viva933 | 2012-11-16 12:00 | 埼玉の暮らし | Trackback | Comments(2)

弘法筆を選ばず

先日、バレエの先生のお誕生日でした。


そこで、お仲間とちょっとしたプレゼント。


いたずら心をだして、


ポワントを贈ったんです。



ポワントとは、トウシューズのことで、

女性がはくバレエシューズ。

エンターティメントとして男性がはくこともありますが、

一般的に女性のものです。


私たちの先生、男性ですが、

ポワントの指導もしてくれます。

褒めてくれる先生なのですが、

そのぶんレッスンはハードで、

私なんて、しょっちゅうへたれています^^;



そこで、ポワントの大変さを先生に身をもってわかってもらおうと、

そんな気持ちもあってのプレゼント。



でもね、私たち、あさはかでした。


先生、ポワント経験がなくても、

足指の力があります。

簡単にのっていました。

新品のカペジオに・・・・




a0034225_1031589.jpg



片足クッペしたまま、デミからポワントの繰り返し。



のりやすいポワントがほしくて、

あれこれ試着したり、

無理やり底をやわらかくしていたけど、

要するに、足底に力をつけることが一番なのね・・・・

ということがわかったお稽古でした。
[PR]
# by viva933 | 2012-10-30 10:33 | 私たちのバレエ教室 | Trackback | Comments(2)

New Dance Horizon

こんにちは。


今週の火曜日。

NBAバレエ団の公演に行ってきましたよ。

バレエの先生の教え子が在籍し、

8月の発表会にゲスト出演してくれたバレリーナさんもいるバレエ団。

とても身近に感じられます。


New Dance Horizon

a0034225_1343169.jpg


今回の『NEW DANCE HORIZON』公演は『メタモルフォーゼ/変容』をテーマとして、バニョレ国際振付賞受賞者でコンテンポラリーダンス界の注目を浴びている異才、伊藤キム氏。フランス・韓国など国内外活躍中モダンダンス振付家・舞踊家、松永雅彦氏。世界を舞台に活躍、トヨタコレオグラフィーアワード2010オーディエンス賞のキミホ・ハルバート氏。新進気鋭振付家の舩木城氏を招き、豪華4作品をお届け致します。4人の振付家が創る非日常の世界に、NBAバレエ団がどうメタモフォーゼしていくか、どうかご期待ください。



コンテンポラリーの公演をみるのは初めて。

難解で哲学的という印象があり、

理解できるかどうか不安はあったのですが、

見てみると、やっぱりいいですね。

クラシックの要素もあるし、

とにかく、

ダンサーの体がとても美しい。

うっとりです。


なかでも、「もう1回見たい!」と思うのが、

舩木城さんの作品『Thousand Knives』。

もう、ものすごくモダンでカッコ良かった!!

女性はユニタード+チュチュ風のコケティッシュな衣装。

男性は袴をアレンジしたような衣装に、上半身裸。

坂本龍一の曲にのって踊るダンサーたちは、

とても力強く、美しかったです。


あ~、もう1回見たい!
[PR]
# by viva933 | 2012-10-25 13:20 | バレエ鑑賞 | Trackback | Comments(0)

cドライブ拡張

こんにちは。

マッカッカになっていた私のCドライブ。
パソコンの初期化ができず、
また入院か・・・と思ったのですが、
その前にネットでいろいろ調べたところ、

Cドライブの拡張

という対応策を知りましたよ。

http://webmaster.chielog.com/pc/97.html
↑こちらのサイトを参考にさせてもらいましたところ、

a0034225_10265093.jpg


Dドライブ内を外付けディスクに移し、削除。
その分の容量をCドライブにあげちゃったというもの。
なんとか、マッカッカ現象は解消。
今度はCドライブの余分にあるボリュームで
Dドライブを新たに作ればいいんだけど、
私のほうがフリーズ・・・・。
とりあえず、このままでいいや。

ということで、
私のパソコン、生まれ変わったようにスムーズになりました~。



入院させたり、
修理代の出費がなかったことも嬉しい! はい。
[PR]
# by viva933 | 2012-10-24 10:30 | 埼玉の暮らし | Trackback | Comments(2)

故障?

パソコンがこんなことになっています。

a0034225_17513665.jpg


Cドライブ、真っ赤です!

必要のないソフトは捨てているのに、状況は大して変わりません。

バックアップなどがたまっているのでしょうか?

私の脳みたいに、余裕がありません。



仕事が一段落しているので、

パソコンの初期化を試みてみました。

大切なファイルはせっせとDドライブに移動し、

Cドライブのみの初期化です。


電源を切り、、

起動させたところでF11を押してみます。

が、何の変化もなく、いつものスタート画面がでてきます。

F11を押すタイミングが遅いと、初期化画面にならないそうなので、

画面とにらめっこです。

これでは遅すぎ?

あら、早かったのかしら?

何度やってもおなじこと。



説明書を読むと、初期化のための画面が出ないのは、

バザーボードなどの故障が考えられるとか。

無料保障期間はとっくに切れています。

自費での修理は5万円前後・・・。

安いパソコンが買えてしまう値段です。


とりあえず、明日、サポートセンターに相談してしましょう。
[PR]
# by viva933 | 2012-09-18 17:59 | 埼玉の暮らし | Trackback | Comments(0)

奇跡の人

昨日、NBAバレエ団の公演を観にいきました。


a0034225_8225440.jpg


「四季」には、8月の発表会にゲスト出演してくれたkさんも出演。
冬から秋への季節の移ろいを、優雅なバレエと可憐な衣装で楽しませてくれました。
このバレエ団、コールドがお見事なんです。
以前、「白鳥の湖」を観にいったこともあるんですが、
第4幕が圧巻!
揃いに揃った群舞の美しさはとてもすばらしく、
主役を上回る感動を与えてくれました。

今回もコールドさんたち、すてきでした。
ピルエットで舞台袖に入るとき、
頭をクルッと回す動き、手、足の高さ、みんな揃ってた。
一体感のある動きって、ほんとうにきれいで気持ちがいい。
発表会の練習のとき、
先生が必死に「回りを見て!」と叫んでいたけど、
アマチュアの舞台にも、先生はこういう一体感のある動きを求めていたんですね。


そして、「奇跡の人」。
ヘレン・ケラーの物語をバレエであらわした異例の作品。
3重苦のヘレンも、
サリバン先生も演じるのはバレリーナ。
クラシックバレエとは異なる、ストーリーのある動き。
でも、不思議と聞こえてくるんですよね。
サリバン先生の声が。

「このナフキン、ヘレンがたたみました!」

冒険ともいえるクラシックバレエの舞台、堪能できました。
[PR]
# by viva933 | 2012-09-10 08:36 | バレエ鑑賞 | Trackback | Comments(0)

ご褒美♪

お仕事に区切りがついたことで、

編集さんがお食事に誘ってくれました。

a0034225_8564555.jpg

OGGI DAL-MATTO 西麻布


少しずつ、いろいろなお料理が次から次へと並び、
どれもおいしくて、うっとり至福のひととき。
 
ゴールドラッシュという北海道の糖度20度のとうもろこしのスープカプチーノ仕立てから、
最後の秋刀魚の冷製パスタまで、家庭ではまねのできない、
どこか「違う!」プロの仕事を堪能させていただきましがた。


編集Fさんは、いつもひとつのお仕事が終わると、
こうしてお食事に誘ってくれるのです。
しかも、いつも予約がとれにくい、人気の高級店へ。
「楽しくおしゃべりしながら、おいしい料理を食べるのって最高よね~。
また、行きましょうね~」

私を奥の席に通してくれたり、
お酒が苦手の私がソフトドリンクをオーダーしやすいように、
お店のスタッフにさりげなく伝えてくれたり、
いろいろ人への気遣いを、
私はFさんから教わりました。
デザートを食べ終え、
「じゃあ、そろそろ」となったとき、
「トイレに行ったら?」
と私を席を立たせ、その間に会計を済ませてしまう、そのスマートな接待ぶり。
私も、こんな風に接待できる人間になりたいなと思います。

不景気で会社も節約ムード一色の出版業界。
領収書をもらっても、そんなの経理に通らないことも私は知っています。
自腹で疲れをいやせる時間を作ってくれる。
最近では、めったいにいない理想の上司です。

景気のいいころには、こういう上司も大勢いて、
部下を仕事帰りに夕飯に誘い、
ご馳走しながら叱咤激励をされていたものです。
この時間も、仕事人間を育てる大切な時間だったんだそうな・・・とも。

私は、しあわせ者です。
[PR]
# by viva933 | 2012-09-07 09:16 | 日本のどこか | Trackback | Comments(2)

パキータ

今回の発表会では、パキータより第1のバリエーションを踊りました。
ゆっくりとした美しいメロディーで、
ゆっくりとした動きが、本当に美しい作品です。プロが踊れば・・・・。


a0034225_849053.jpg


試着中です。
背中のホックが自分でとめられず、手でおさえながら更衣室からでてきたところです。

このお衣装、本当に素敵でした。
それもそのはず、
井上バレエ団の衣装部さんが作ったお衣装なんですよ。
バレエ団の専属で、公演のときの衣装を作り、
レンタルも行っているんですが、
縫製を担当してくれる女性、じつはバレエ団のお教室で指導もしているのだそうです。
だから、よくわかるんです。
ここがきついと、こういう動きがしにくい、とか、
ここにゆるみがないと、思い切りうごけない、とか。
だからレンタル衣装なのに、
試着しながら、私の体系にぴったりあうチュチュを作ってくれました。
金糸をふんだんにつかったチュチュ、
照明にあたると、本当にきれいだったそうですよ。お衣装はね・・・・^^

実力不足で、お見苦しい姿をお見せしたのですが、
それでも、お友達は「がんばった姿に涙がでた」とメールをくれました。
そんな、大げさな・・・と思いますが、最高の褒め言葉です。
[PR]
# by viva933 | 2012-09-05 08:58 | 発表会 | Trackback | Comments(0)

ポワント その1

こんにちは。


先週、お仕事が一段落し、

発表会も終わり、

怒涛の更新が続いています。

久しぶりのブログ、やはり楽しいです。



バレエで少しは上達したかなぁ~と思えること、

大きな壁ややってきました。

ポワントです。

この壁、エベレストよりも高く、険しいです。



私の足には2つばかり問題があります。

まず、左右の大きさが違う。5mmほど右足が小さい。
靴は左足にあわせ、いつも24㎝を履いています。
左足はぴったりでも、右足には少しだけ余裕があり、
これがいけないんでしょうね。
靴の中で足がすべり、捻挫は数知れず・・・。
バレエを始める前は、捻挫の原因など考えず、
ただ道が悪いから、つまずいたと考えていたんです。
両足の大きさに差があることすら、気にしたことはありません。

その捻挫のせいだと思うのですが、
右足のほうが硬い。
ポワントをはいたとき、左足は甲をだせるけど、右足は全然でない。
なので、右足に重心がのらず、左足重心。
なんとかバランスをとろうと右足でも踏ん張るから、ものすごく疲れる。

足の力をつけ、
腹筋と背筋をつけることが先決なのだけど、
すぐに結果をだしたがるのも人間の情というもの。
ポワントさえ自分に合うものをはけば・・・
と、きわめて安直な考えにでるんですよね。
そうして、ポワントジプシー。

現在利用しているのはGamba97 ×××
幅広なんですよね^^;
しかも、肉厚らしく、平べったいボックスは履き心地悪し。
ポワントを何も手をかけず履いたとき左足は問題ないけど、
右足は甲がだせず、たちきれない。
で、ソールを折るようにまげてみたら、足への馴染みがよくなり、
右足でも甲が出せるようになった。
a0034225_12503652.jpg

で、思ったんです。
ポワントは右足にあわせ、甲が出しやすいヴァンプ短めがよいのかなと。
今、気になっているのがサンシャのエチュード505。
通販で購入するのが手っ取り早いんですが、
試着しないと失敗しそうで、なかなか手がでません。
写真で見るからにはヴァンプ短いようだけど、
実際に見たら、今はいているぎギャンバと変わらないのかも~、
と、だらだらといろいろな思いが浮かんでしまうのです。


ちなみに、愛用のトウカバーはこちら。
a0034225_1257183.jpg

シリコンとか、羊毛とか使ったけど、コレが今のところいちばんラク。
[PR]
# by viva933 | 2012-09-04 12:57 | 私たちのバレエ教室 | Trackback | Comments(2)

来月発売です♪

a0034225_8324022.jpg


日本語での執筆を担当し、その原稿をフランス人の作家さんが翻訳しています。

書店では、フランスのみの発売。

アマゾンで予約受付中!

写真に感動します。
[PR]
# by viva933 | 2012-09-04 08:33 | 仕事のこと | Trackback | Comments(2)

     毎日、旅気分!         最近はバレエに夢中!


by viva933