ブラッスリー Au coju

こんにちは。


昨日はお仕事で、八王子方面へと出かけてきました。

遠出のお仕事のときのお楽しみは、ランチ♡

プチ旅行気分で、楽しんでしまいます。


昨日のランチタイムは「ブラッスリー Au coju」。

園芸店に隣接する、

それはおしゃれなレストランでした。


私は日替わランチをオ―ダ―。
a0034225_1272353.jpg

シャキシャキと新鮮なお野菜。

a0034225_1273276.jpg

ほろほろに煮込んだチキン。いっしょに煮込んだじゃがいもとレンコンもおいしかったぁ~。
ソースはパンでくるっとからめてね。

食べ終わったお皿はぴっかぴっか。水洗いしたかのようでした^^

これにコーヒーがついて、1050円はお安いですね!

そうそう、お冷は敷地内の湧き水なんですって。
体内が浄化されるようなフレッシュのお水でしたよ。
[PR]
# by viva933 | 2012-06-19 12:12 | 日本のどこか | Trackback | Comments(0)
これは、嬉しい知らせです。

昨年も今年も見逃したカナダ国立バレエ団のロミジュリが、

来年、オタワで再演されます。

1月31 日~2月2日  the National Arts Centre.

これは、行きたいです!



アーティストはもちろん、

舞台セット、

衣装、

全てが豪華。


バレエ団の本拠地、トロントのフォーシーズンセンター・フォー・パフォーミング・アーツで

観たい気もするけど、

オタワの国立アートセンターもすてきだぁ~!
[PR]
# by viva933 | 2012-06-13 12:13 | Canada | Trackback | Comments(0)

パキ―タ

こんにちは。

ブログ再開と決めたのに、3カ月も更新せず・・・。

だめですね。

自分で決めたことなのに。




でも、元気です。

発表会の練習も本格的になり、通常のレッスンだけでは覚えられない私は、

土日に自習をしています。

鏡の前でポーズを確認したり。

お友達に声をかけてしまった以上、できるだけ上手に踊りたいものです。

友達や先生のために踊るのではなく、

自分が楽しく踊るのが一番だけど、

それでも、「上手になったね!」と声をかけてもらえば、

それが一番嬉しいし、

だから頑張れるんですよね。

今回も、褒めてもらえるよう、やれることだけはやろうと思っています。


今年はパキ―タの第1ヴァリエーションを踊ります。

これです!↓



以前にもアップしていましたね^^;

この1人目のヴァリエーションをやります。

思えば、いい年になって始めたバレエ。

5年間も続けることができ、こんな作品を踊れるようになるなって、

教室に通いはじめたときには思いもしませんでした。

膝を傷めたり、ふくらはぎに肉離れを起こしたり、

ケガがつきものだったけど、

最近は筋肉もつき、ケガも少なくなりました。



ところで、このパキ―タの第1クラシカルヴァリエーションは、

1891年、カルロッタ・ブリアンツァのために復活させた、

プティパ「カンダウレース王」をヒントに作られた

アンナ・パブロワのヴァリエーション・・・・らしいのです。




すごい作品です。

でも、それだけにテンションも高まり、

レッスンにも集中できるというもんですね。
[PR]
# by viva933 | 2012-06-12 12:11 | 私たちのバレエ教室 | Trackback | Comments(5)

ポワントのせい?

ポワントで思うように動けないのは、

このポワントが自分にあっていないから・・・

そう思い、あれこれはいてみたくなるんです。

でもね。

結果はいつも同じ。

ポワントではなく、

私の足の力不足なんです。

a0034225_16573791.jpg



もっているポワント。

上から、

中国製のコットントゥシューズ、

ギャンバ97

グリシコ2007


ギャンバはけっこう安定感があって、まあいい感じ。

なのでこれで3足目。

グリシコは、

「ポワントが体を持ち上げてくれる!」

と言う声を多聞いて購入したもの。

ギャバンに比べ、プラットホームが細く、

私には、まだ早かったかな?



で、意外や意外”

けっこう履き心地がいいのは、

コットントゥシューズ。

でも、取り扱いしているお店がないんですよねぇ~。

写真のものは先週の日曜日に買ったんだけど、

「これが最後です」

と言われ、

「3足注文してくれば、とり寄せます」

とのこと。

常時お店におかないのは、

「人気がないので・・・」

なんですって。

人気がなくても、

私には大人気なんだけど・・・。

世の中うまくいきませんね。



足指、足裏、ふくらはぎ、

もう、足ぜん~~んぶ鍛えなくちゃ!

バレエの道は、はてしなく、厳しいゾ。
[PR]
# by viva933 | 2012-03-27 17:02 | Trackback | Comments(2)

発表会

8月の発表会のための練習、すでに始まっています。

新しく覚える作品がひとつ。

私から先生にリクエストしたんですがね、

これが、ちょっと無理っぽそう・・・・なんです。


でも、踊りたいんだけどな。↓

もちろん、踊りやすいように先生がアレンジしてもらってね。

テクニックは追いつかないけど、
優雅な気持ちだけでも、追いつきたいですわ。おほほ!
[PR]
# by viva933 | 2012-03-09 18:10 | 私たちのバレエ教室 | Trackback | Comments(0)

ご無沙汰しております。

もう、どれくらいこのブログを開かなかったでしょう。

仕事もしていたからパソコンを使っていたけれど、

ブログという存在すら、忘れていました。




多くの人の目にとまるブログに、

わざわざ書くのもなんなのですが、

やっと、ひとつの記録として残しておこうという気持ちになったので。






昨年8月、父が亡くなりました。

おととし、胃の手術をしたときから、それはわかっていたことでした。

余命半年。

父には知らせることはできませんでした。

命の火が消えるまでに、いろいろやしたいことはあったかもしれません。

でも、知らせる勇気はありませんでした。

手術後は体調もよく、

食欲もあり、

積極的に外出をしました。

叔父や叔母をさそって、近場のドライブもよく楽しみました。

5月ごろから食欲がなくなり、

心配はしたものの、

ヨーグルトやアイスクリームなど口当たりのよいものはよく食べれていたので、

医師も「まだ、大丈夫だ」と。

7月、いよいよ食べられなくなり、点滴に頼る日々。

「入院しても、ただ毎日点滴するだけだから」

私と妹は、父のターミナルケアを決心しました。

医師に往診してもらい、

床擦れ予防にエアマットつきの介護ベットもレンタルしました。

もう少し、外出させてあげようと、

階段も上り下りできる車いすをレンタルしたその日の夜、

父は母のもとに行ってしまいました。

ソファにすわり、

テレビをみながら。

リモコンもしっかり握りしめながら。



いつ訪れてもおかしくないと覚悟をしていましたが、

それでも、つらいものです。

15年前に母が亡くなったときは寂しくてたまらず、

父までいなくなると、心細くてたまりません。

こんなに早く両親がいなくなってしまうなんて、

思ってもいなかった。

「自宅で、娘たちのそばで死ねるなんて、

お父さんは幸せだね」

と、みんな言っています。

お父さん、

本当に幸せでしたか?

まだまだやりたいこと、あったよね。

でも、お母さんに会えたから、幸せなのかな?


P君のお母さんも、昨年亡くなりました。

P君と「そういう年なんだ」と、しんみりしました。


私は仕事をして、

バレエも続けています。

昨年12月は、おさらい会にもでました。

「花のワルツ」「パ・ド・フィアンセ」「ジぜル 村娘の踊り」
「真夜中のパリ シンデレラより」「ゼンツアーノの花まつり」に出演。

「花まつり」はソロ、
「真夜中のパリ」は、男性ダンサーをはさんでのパ・ド・トロワ!

ちょっと、がんばりました。


今年の8月は発表会です。

楽しく、元気に過ごしていますよ。

発表会が終わったら、カナダに行こうと思っています。

とにかく、私たちは幸せに暮らしています。





ということで、今後はバレエ中心に更新したくなりました。
[PR]
# by viva933 | 2012-03-07 20:43 | ごあいさつ | Trackback | Comments(6)
地球ごと熱帯の温室のなかに入っちゃったんじゃ・・・と思うほどに暑かった今年の夏。

そういえば、こんなところにもお出かけしていたんだっけ。

日光田母沢御用邸記念公園

日光の銀行家・小林年保の別邸だった土地に、赤坂離宮などに使われていた旧紀州徳川家江戸中屋敷の一部(現在の三階建て部分)を移築し、他の建物は新築し、明治32年に大正天皇(当時は皇太子)のご静養地として整えられたのがこちら。大正7年から大規模な増改築が行ない現在の姿となったのだそうです。
 昭和22年に廃止されるまでの間、大正天皇をはじめ、三代にわたる天皇・皇太子の静養地と利用され、戦後は博物館や宿泊施設、研修施設に姿を変え、さらに栃木県が3年の歳月をかけ修復・整備し平成12年に記念公園に生まれかわりました。

a0034225_17195812.jpg


 建物は、江戸時代後期、明治、大正と三時代の建築様式をもつ集合建築群で、なんと現存する明治・大正期の御用邸の中では最大規模なんですって。豪華です! 豪華なんだけど、徳川家にように煌びやかではなく、わびさびのような日本独自の美意識を感じさせます。でもね。当時でもビリヤードホールがあったり、やはり違います。やることが!

a0034225_17252652.jpg


屋内が風通りがよく、極暑の夏でもさやさや~と爽やかな風が通りぬけ、
できることなら、ここでお昼寝したいほど。夏もいいけど、春や紅葉の季節もいいでしょうね。
(と叔母に話したら、”じゃあ、今度連れてってもらおう!だと!・・・・)

御用邸の後は杉並木へ。

a0034225_17274867.jpg


緑が濃く、空気もきれい。身も心も浄化されます。
でも、一番の目的はここ!
a0034225_17294828.jpg

杉並木公園にある報徳庵です。ここのおそばは、素朴で味わい深いんですよね。天ぷらも◎。


そうそう、これもいただきました。
日光名物天然氷のかき氷。
a0034225_17312579.jpg

天然氷のかき氷は初めてでした。
氷なのに、綿がしみたいにふわっとしているんです。
びっくりするくらいに優しい触感。
サクサク食べても、頭が痛くならない。
日光の気候だけを頼りに、焦らず、ゆっくり時間をかけて作られる氷ですからね、
冷凍庫で作られる氷とはまったくの別物でした。

また行こうと! 日光へ!
[PR]
# by viva933 | 2010-10-04 17:33 | 日本のどこか | Trackback | Comments(3)
父の看病であけくれた、今年の夏。

お仕事もほどほどに・・・・

だったのですが、バレエだけは極暑の真夏日もスタジオに通っていました。

今の先生はね。

世界に誇る日本のバレエ団の現役プリンシパル。

しかも男性!

さらに嵐の松本潤似!

人によっては水嶋 ヒロに似ているとも!

毎週土曜日は、本当にいいものを見せていただいております!


男性の先生のメリットは、

①男性から見たバレリーナの美しい姿勢、動きを教えてくれる。

②ときおり、レッスン中にパ・ド・ドウ気分で踊れる。

③けっしてヒステリーをおこさず、根気よく教えてくれる。


大人から始めたにもかかわらず、

なんといってもバレリーナの最高テクニック、「フェッテ」も教えてくれるのですから。

しかも、「海賊」の曲に合わせて!

気分モリモリで、回ってしまいました。

「手がちょっと変だけど、がんばって軸をとっていたから、今はそれでいいよ」
by先生。

変だと言われてもうれしいです!
[PR]
# by viva933 | 2010-09-30 18:19 | 私たちのバレエ教室 | Trackback | Comments(0)
秋晴れが広がる9月最後の日曜日。

しばらく自宅静養が続いていた父を車にのせて、

近場でドライブを楽しんできました。

目的地は東日本関越自動車道上り線にある寄居パーキングエリア。

限りなく足立区に近い埼玉から一般道で本庄市まで走り、

本庄児玉で高速道路へ。

走ることわずかな時間でお目当てのサービスエリアに到着!

a0034225_1651561.jpg


ここは「寄居・星の王子さまPA」

箱根にある「サン=テグジュペリ星の王子さまミュージアム 」とNEXCO東日本との共同事業として、

今年6月にオープンしていたんですよね。

埼玉の山並みのなかに突然と現れるフランスの街並み。

ちょっとおしゃれ~なランチタイムです。


a0034225_17342747.jpg


秩父付近なのに「そばがない」ことに不満な父は、

へそを曲げ「コーヒーゼリー」をオーダー。

いくら胃袋が小さいからといって、それだけじゃ・・・ってんで、

オムライスを3人で分かち合うことに。

不足分を補うために私と妹はクロワッサンサンドをひとつずつ。

30分いたかどうかのサービスエリアだけど、

一度は来る価値はありますよ。


a0034225_17371537.jpg


お手軽にフランスっぽさが楽しめます。
[PR]
# by viva933 | 2010-09-28 17:37 | 埼玉の暮らし | Trackback | Comments(2)
すっかりご無沙汰してしまいました。

ほんとうにご無沙汰で、

このブログ、すっかりコケが生えてしまっているかのようです・・・・。



5月末に父が手術を受けました。

胃を2/3切除する手術で、

手術は問題なく終わり、術後の経過も良く、

手術をして1カ月ほどで無地に退院することができました。

でも大変なのはそれからです。

胃が小さくなったので、

食欲がない。

食べてもちょっとしか食べられない。

それでも、少しはお腹はすく。

でも少し食べるとお腹はいっぱい!

普通の人間は1日3食なのですが、

胃の手術を受けた人は、しばらくの間5回食といって、

1日分の食事を5回に分けて食べることになるのです。

さらに、消化がよくて、食べやすいもの。

野菜はくたくたになるまで煮込めば大丈夫だけど、

食物繊維が多く消化の悪いイモ類やキノコ類はしばらくおあづけ。

ご飯はおかゆ。

感染症にかかりやすいため、お刺身などの生魚は半年間は食べられない。

胃袋がふくれるから炭酸飲料もだめ。

ビールもだめ。

カレーなどの刺激物もだめ。


けっこう制限があるんです。

それでなくても食欲がわかない夏場を乗り切ってもらうために、

なんとかして食べてもらおうと、あれこれ作ってみようとするんですが、

結果的に煮たような献立になってしまうんですよね。


辛いのは父なのだし、

私はご飯を作ればいいのだけど、

それでも、今年の夏の暑さも加わって、

ブログを更新しようという気力までわきませんでした。



おかげさまで、

いまは1日3食ですむようになり、

台所に立ち回数は減り、

気候もすごしやすくなったので、

そろそろブログを復活させたいな・・・なんてね。

こんな気まぐれブログじゃ、

立ち寄ってくれる人もいなさそうだけど、

それでもボチボチ再開しようかと思います。


とりあえず、私は元気で過ごしています。

バレエも続けています。

バレリーナ最高峰と言われるテクニック、「フェッテ」にも挑戦しています。

バレエネタがふえそうですが、

宜しくお願いいたします。


韓国ネタ?  少し減り気味かも~。(笑)
[PR]
# by viva933 | 2010-09-27 14:01 | ごあいさつ | Trackback | Comments(6)

     毎日、旅気分!         最近はバレエに夢中!


by viva933