前晩はレストランの帰りに、
ウイスラービレッジのスーパーマーケットで
朝食用のサンドイッチを購入。
バンクーバー行きのバスが朝8時にホテルピックアップなので、
のんびり朝食を食べに行く時間がないので、
事前の食糧購入です。

「あれ、あっという間だったね~」
となごり惜しく、夜遅くにホテルに戻ったというのに、
ちょっとお料理研究家の先生のお部屋にお邪魔しちゃった私。

先生のアシスタント兼ビデオマンのMちゃんが用意したワインをあけ、
お酒が飲めない私のためにMちゃんは紅茶をいれてくれ、
本当によく気が利く~~♪

そんでもってMちゃんも東方神起ファンということがわかり、
大盛り上がり~♪
さらに先生、カナダに来る前にバンコクにもお仕事で行っていて、
そこで東方神起と同じホテルに宿泊して、
スタッフから「先生、いっしょに写真とりますか?」と聞かれたのに、
先生ったら東方神起をよく知らないで、
「時間がないからいいわ~!」って、断っていたんですって~!!!!!
きゃ~~~!!! 今度は悲鳴~~♪
バンコクといったら、東京ドーム後のアジアーツアー。
まさに、このゆちょんのときじゃない!
a0034225_17112685.jpg

きゃ~~~っ♪
とさりげなく、ゆちょんの画像をアップ^^

「あら、写真とっておけばよかったわね~」
だな~んて、先生! もう遅すぎ! もう2度とないと思ってくださいねっ!!
東方神起ネタになると、!や、~~♪がふえる・・・笑

悲鳴をあげたり、さみしいね~としんみりしたり、
そんなかんなで2時間ぐらいお部屋にお邪魔しちゃって、
本当にお邪魔だったんじゃないかって、
いまごろになって心配しています。
荷物をまとめなくちゃいけないのに、ごめんなさい。
テレビの収録やお料理教室で使う食材(カン&ビン)たくさん買っていたから、
さぞかし荷造りが大変だったのでは・・・・と。

翌朝の朝ごはん
a0034225_16291174.jpg

ほうれんそうとハムとチーズのサンドイッチ。
食べる前にほうれんそうを抜いて、軽くチンしたから、
あったかい朝食が食べられました。
キッチン付きで、よかったな!と、今さら実感!(笑)

さて、約束の時間にバスがホテルに向かえにきて、
バンクーバーダウンタウンのホテルで、
取材を続ける残留組がおり、
さらにバスは空港へと向かい・・・・。

空港に到着後、
これまたなごり惜しいティムホートンズのボストンクリームドーナツを食べ、
そこをカメラマンに見られ、
「あ、また食ってる!」と言われ、
えへへと笑い、
搭乗時間となり・・・・・・・・・日本着。
仕事ながら、楽しい5泊7日でした。

3:1 棄権1  ?
[PR]
by viva933 | 2009-10-07 16:39 | B・C | Trackback | Comments(0)
いよいよバンクーバー取材の最終日の夜となってしまいました。
明日は早起きして、
再びバンクーバーまで戻り、エアカナダで日本へ。

仕事で海外に行くと、
到着時は「4泊か、長いな」と思うのですけど、
最終日を迎えると、やはりあっという間の出来事です。

今晩はちょっと豪華にディナーを楽しみました。
a0034225_1001139.jpg

Rim Rock Cafe & Oyster Bar

カラマリ、ホタテやロブスターと、シーフードメインにオーダー。
どれも新鮮で、一口食べるたびに「おぉ~!」と唸っていた私です。おいしかった^^
a0034225_1092744.jpg

[PR]
by viva933 | 2009-10-06 10:11 | Canada | Trackback | Comments(2)
ロッジで迎えたウイスラーの朝。
6時前に目が覚めた私は、朝食前に朝のお散歩を。

神秘的な朝靄をまとった、ロッジ前のゴルフ場。
a0034225_23142628.jpg

朝日でオレンジにそまった山頂。
a0034225_23144618.jpg


大自然を満喫~~♪
[PR]
by viva933 | 2009-10-05 23:42 | Canada | Trackback | Comments(2)
バンクーバーから北上すること約120㎞。
バスに乗って揺られること約3時間で、
目的地のウイスラービレッジに到着しました。
「海から空へのハイウェー」と呼ばれる風光明媚な99号線を走ったのですが、
今の季節、午後7時30分発のバスでは、じきに日没がやってきてしまい、
その景色を眺めることはできませんでした。
もう一本出発を早めたら、きっと雄大な景色を眺められたのでしょうね。残念!

ウイスラーのお宿はタンタラスロッジ
a0034225_23572613.jpg

レストランやショップが点在するヴィレッジは徒歩圏内。便利です。
a0034225_23584478.jpg

森の中のホテル。ムード満点です。
a0034225_23592665.jpg

ロビーの一角。用もないのに、しばらく座っていたくなります。

客室はこんな感じ!
[PR]
by viva933 | 2009-10-05 00:00 | Canada | Trackback | Comments(4)
フィギュアスケートのシーズンが始まりましたね。
もちろん、観ました。「フィギュアスケート ジャパンオープン2009 」。
久し振りにステファン・ランビエルと
ジェフリー・バトルの
華麗なスケーティングが見れて、うれしかった。
あくまでも力ずよく、そして指先までしなやかで、
バレエを躍らせても超一流なんだろうな。
ちと、見てみたい・・・・なあんて^^;


は~い。早いものでバンクーバー取材も、残りわずかになってしまいました。
4日目はいよいよ本格的にガーデンの取材です。
午前中はバンクーバー市内の個人宅のガーデンを撮影。
高台にある一戸建てで、
山の傾斜を利用したガーデンは、ナチュラル&ワイルド。
いたるところに知恵と工夫が隠されていて、
たくさんの感動をいただきました。

午後はカナダで最初にオープンしたパブリックガーデン「クイーンエリザベス公園」。
バラの季節こそ逃してしまいましたが、
それでも初夏の花がいたるところで咲き、
その植栽のカラーバランスの美しさにはうっとりです。
a0034225_021848.jpg

四季を通して異なる景色を楽しませてくれるQE、おすすめです。

QEのあとは、ウイスラーに移動!
[PR]
by viva933 | 2009-10-04 00:02 | B・C | Trackback | Comments(2)
昨日は雑誌の仕事で小伝馬町へ。
約束の時間より早く到着したので、
ドトールで時間潰していたら、
スタイリッシュな女の子が、
鈴の音色のような美しい声で、

アイスラテをアイスで!

と注文していましたぁ~。
とっさにハイキングウオーキングの
「かしこかしこまりましたかしこ~~」を思い出してしまった。

オーダーを受けたドトールのスタッフはノーリアクション。
「アイスラテをホットで」編も見たいものです。(笑)


え~~~、そんな話より、
バンクーバー3日目の夕飯です。

3日目は出発前から約束していた、バンクーバーの知り合いのお宅へ行きました。
妹が大学時代にホームステイした家で、
ホストファミリーと妹はいまだに交流があり、
バンクーバーに行くと、いつも歓迎してくれる、
妹にとっては第2のホームなのです。
私は2004年のシニアツアー・バンクーバー編以来なので、
5年ぶりの再会でした。

a0034225_7322584.jpg←バンクーバー郊外のお宅は、2年前に家族でセルフビルドしたもの。パパさんの友達に大工さんがいて、手伝ってもらったとはいえ、2階建ての家が自分たちでつくれちゃうとは驚きです。

↓キッチンも素敵。マーサ・スチュワートのお料理番組に使うスタジオみたいです。
もちろん、このキッチンも手作り。
a0034225_736649.jpg


裏庭にはパパさんの孫・Tちゃんのお友達が来ていました。
みんな代わる代わるブランコにぶら下げた人形型のバックを棒でひっぱたきながら歓声をあげているから、
(なんと物騒な遊びをしているのだろう!)と思いながら眺めていたら、ひっぱたたれるたびに人形型のバックからお菓子が飛び出てくる仕掛けになっているんです。メキシコの遊びのようです。
a0034225_7431897.jpg


今日はパパさん、ママさんの3番目の孫になるBちゃんも遊びに来てくれました。
はじめまして~~♪
a0034225_7453690.jpg


ディナーなバーベキュ~~~♪  巨大な肉がどんどん焼かれていきますよ~♪
a0034225_74621100.jpg

カメラマンも誘って訪問したのですが、
「カナダの肉、もっと堅いと思ったけど、柔らかいっすね・・・♪」とパクパク。
「こんなに肉食ったことないっす♪」とさらにモグモグ。
バーベキューソースやお醤油も用意してくれたけど、
塩コショウだけで十分おいしいカナダディアンビーフでした。うふ。
他にアツアツのべイクドポテト、手作りのタイ風サラダとシーザーサラダ、マッシュルームのバターソテー、
フルーツと盛りだくさん。「高級レストランもいいけど、やっぱりこういう家庭の料理っていいよね。あったかいよね~」カメラマンも感激してくれた夕ごはんでした。
[PR]
by viva933 | 2009-10-03 07:52 | B・C | Trackback | Comments(0)
3日目の私たちのスケジュールはゆるゆるで、
他のメディアの人が取材に右往左往するなか、
午前中にてお仕事終了~~♪

カメラマンと私と、
そしてFMラジオのパーソナリティー・Mちゃんの3人で、
ギャスタウンに移り、イタリアンにてのんびりお昼ごはん。
あ、Mちゃんはランチタイムもお仕事も一環で、
どんなレストランで、どんなものをオーダーして、
どんなお味なのかを、
まさしくラジオのパーソナリティー調にICレコーダーで録音していました。

雑誌の取材はノートにメモをとるのですが、
ラジオの取材は、おしゃべりを録音するんですよね~。
その音源を収録に利用するのだそうで、
考えれば当たり前のことですが、妙に感動しまくりの私なのでした。

スチーム時計の目の前にあるイタリアンレストラン。
a0034225_2314315.jpg

地元のトマトをたっぷり使ったパスタ。フレッシュ~~で、清々しいおいしさ~♪
a0034225_23151845.jpg

パルメザンチーズをたっぷりかけてもらいました^^
a0034225_2316487.jpg

デザートはティラミス。
a0034225_23172824.jpg

クリームの上にのかっているのはトマトの一種だというのですが、
これ、ほうずきなのでは?? と思う私は日本人ですね。
味は、これがびっくり!
ちょっと甘くて、さりげなくバニラの香りなんです。
これは、もうトマトの味じゃない!
でも、ほうずきを食べたこともないので、
ほうずきだとも言い切れない・・・・
いったい、どんなトマトなんでしょう~?

それでも、ほうずきだと思うのだけど・・・・??

3日目はホテルもプチ豪華~~♪
[PR]
by viva933 | 2009-10-01 23:31 | Canada | Trackback | Comments(2)
3日目は、ファーマーズフリーマーケットへの取材でした。

バンクーバー郊外の公園で週末に開催される、
このファーマーズマーケットでは、
オーガニックの野菜も豊富にならび、
はるばる遠方からやってくる人もいるほど人気なんですって。
ここで素材探しをする有名レストランのシェフもいるから、
やはり鮮度&質&味の3拍子がそろっているんでしょうね。

オーガニックハーブを売る青年。
a0034225_202825.jpg

お買いものにきたおじさん。奥さんに頼まれたのかな?
それとも奥さんのお誕生プレゼント探し?
どちらにしても、妙にすてきな光景です^^
a0034225_21774.jpg


お料理研究家グループ、ただいま試食&録画タイム。
ビデオマンのMちゃん、かわいい~^^
a0034225_231368.jpg


とてもスリムなお料理の先生ですが、
珍しい食材があると試食して、
地元に人気があると聞けば、試食して。けっこう大変なお仕事です。
このマーケットでは、このクレープ屋さんが人気で、
長蛇の列ができていたにもかかわらず、先生たら20分待って、
3種類のクレープをお買い上げ。
もちろん、ちゃっかり味見させてもらいました。おいしかった♪
[PR]
by viva933 | 2009-10-01 02:06 | Canada | Trackback | Comments(0)
鮭の川登りに感動した私たちメディアツアー一向は、
West 4th アベニューを中心としたキツラノエリアに。
もともとヒッピーたちが多く住んでいたエリアですが、
今はカフェやアロマ関連のお店などが並ぶ、
おしゃれなエリアとして知られるようになりました。
地元の人たちは、「キッツ」と呼ぶのだそう。
ちょっと、かっこいいですね。キッツ!

他のメディアの人はここで、もうひと働き。
私たちは園芸関連のお店がないため、
ウインドーショッピングしたり、カフェでコーヒーを飲んだり、
のんびり観光しちゃいました。
あ、キッチン雑貨ショップでセールしていたので、
バレエ教室のお仲間の結婚お祝いをお買いものもしちゃいましたよ^^

a0034225_1521362.jpg


ロブソンとか、イエールとか、にぎやかな観光スポットもいいけど、
「キッツ」のように、地元の人がまったり過ごすエリアもいいものです。
おいしいパイのお店もあるというので、
次回来たときは、ここでのんびり過ごそうっと^^ ←いつだろ・・・?(笑)

2日目のディナーは、なかり豪華!
[PR]
by viva933 | 2009-09-30 15:41 | Canada | Trackback | Comments(0)
キャピラノ渓谷の吊橋でびびった後は、
キャピラノレインフォレストへ移動し、森の中をお散歩。

北の国、カナダで、
温帯雨林??

温帯雨林と聞くと、湿度の高い南の土地にあるものとイメージしてしまいますが、←わたし^^;
雨林には温帯や熱帯、亜熱帯などのタイプに分かれ、
温帯雨林は海に近い山岳地帯にあるのだそう。
海水により水蒸気を含んだ雲が発生して、それが山脈にぶつかり、
低温度の上空へ押しやられ、雨が降る・・・というのが温帯雨林のメカニズムで、
バンクーバーもまさに、その条件にあてはまる土地なのです。

自然だけの力で誕生した森。神秘的で、すごいんです。
a0034225_0111128.jpg

1本の木が朽ち果てると、その木肌に種がこぼれ落ち、
長い年月をかけて新たな木が生まれる。
その命のリレーが永遠に行われている、まさに母なる森なのです。

マイナスイオンもたっぷり。
呼吸するほどに体内が浄化され、健康になりそう。

さあ、ランチも森の中でいただきました。
森の案内人、マイケルさんが運んでくれたランチボックス。
a0034225_016695.jpg

フタをあけると、サンドイッチ、サラダ、マンダリンオレンジ、クッキーが入っていました。
a0034225_0173092.jpg

これでお腹いっぱいになるのかしら・・・・・お腹ぺこぺこなんですけど。
a0034225_0183722.jpg

という心配は無用。
ちょっぴり甘みのあるソースにからまったチキンのサンドイッチもおいしく、
ブロッコリーの茎のサラダもさっぱりしていてボリュームたっぷり。
このサラダ、お味はパパイヤサラダとおんなじ。
へえ~~、こういう作り方もあったのね! と、ちょっと感動した私です。

私たちが散策した雨林はノースバンクーバーにあるサーモンハッチェリー。
トレイルの入り口付近はサーモンのふ化場もあり、
川をのぼるサーモンの様子を見学することもできるんですよ。
画像をつないがら、こんな動画ができました^^
a0034225_023491.gif

けなげな姿、思わず応援しちゃいます^^
[PR]
by viva933 | 2009-09-30 00:23 | Canada | Trackback | Comments(0)

     毎日、旅気分!         最近はバレエに夢中!


by viva933