タグ:St.Jacobs ( 15 ) タグの人気記事

ファーマーズマーケットを後に、駐車場に向かう瞬間、みぞれまじりの雪模様・・・・。
もしかして、これって、セント・ジェイコブスの初雪だったのかしら?

まるでモノクロの世界。
「ここは、オタワ以上に寒いよ」とP君。
a0034225_2145998.jpg

車内をあためるべく、いそいでエンジンをふかし、
マーケットの駐車場を出て、トロントへの帰路につく私たち。

ところが15分もたつと、女神様のご機嫌も直ったようで、この通りの青空。
a0034225_21465281.jpg

この、立ち直りの素早さ。おみごとです。

女心はコロコロと・・・・・
[PR]
by viva933 | 2006-10-29 21:46 | Ontario | Trackback | Comments(4)

St. Jacobs  Farmers' Markets

セント・ジェイコブスに出かけたら、ここに寄らなければウソです。
St. Jacobs Farmers' Markets。

体育館のように広い建物内では肉、魚、パンなどの食品と、陶器、
雑貨やお土産物屋さん、カフェなどのブースが並び、
屋外では近所の農家の人々の持ち込む季節の収穫物や、
メノナイトの人のメープルシロップ、衣料などの販売業者のテントが点在し、
まるでお祭りのように、にぎやかです。

残念ながら、どんよりあやしい雲行き。でも、マーケットは地元の人や旅行者で大賑わい。
a0034225_983241.jpg

a0034225_991782.jpg

a0034225_911287.jpg

a0034225_9111285.jpg

そして、これを買わなければ帰れない!というのが、アップルフリッターです。
a0034225_9113954.jpg

言わば、りんごのドーナッツ・・・・・ですね。でもね、これがめったいにお目にかかれないお味なのです。揚げてもフレッシュなりんごの甘みと酸味、そして、シャリッとした生りんごの歯ざわりも残り、ふわふわのあまり甘くはない衣と、揚げたてにまぶすお砂糖が絶妙なバランスで、お口のなかに迫ってきます。
このおやつ、ファーマーズマーケットの名物で、いつでも、行儀の良い行列ができているほどの大人気。しかも、10個や20個とまとめ買する人がほとんどです。
私たちは、20分ほど並んで、3つ(私2個、P君1個)お買い上げしました。
P君は「ええ、並ぶの・・・?」と、不満そうだったけど、列で待っている間、店員さんたちが、りんごの皮むき、輪切りにカット、衣をつけ、揚げるを分担してこなす作業を見ていると、飽きずに、あっという間に順番が回ってきました。
(今回も食べかけで、失礼します^^;)
[PR]
by viva933 | 2006-10-29 09:04 | Ontario | Trackback | Comments(2)

St. Jacobsでの夕食は

ここ、「At The Crossroads」で。
a0034225_22445052.jpg


ちょっとこぎれいな、若干お高めなレストランのようですが、
じつは1960年代に、セント・ジェイコブスと、その周辺のなかで一番最初にオープンした、
カジュアルなファミリーレストラン。ブッフェが人気だと聞き、
私もさっそく「食べ放題!」をいただきました。

a0034225_22473966.jpg

サラダ、スープ、肉料理、パスタ、ポテト料理など、所狭しと並ぶ料理の数々。
ああ、全部食べたいけど、私の胃袋にだって限界はあります。
まずはスープと、サラダ。
そして、空になっては補充される回転の速さに、
(これは、ただものではない!)と感じ取ったチキンをチョイス。
じっくり焼き上げたチキンは、身のやわらかさと皮の香ばしさに、うっとりです。
デザートも、パイやアイスクリームと充実していました。$9.99

a0034225_2334617.jpg384 Arthur St. S. Elmira, ON, Canada


[PR]
by viva933 | 2006-10-28 22:55 | Ontario | Trackback | Comments(0)

St.Jacobs  旅の目的

セント・ジェイコブスの中心部にある、こんな大きな壁画。
a0034225_15195973.jpg

わかりますか?
バギーを馬がひっぱりながら走り、
道端には黒い帽子に青いシャツといういでたちの男性が、つりをしてくつろいでいます。
そう、彼らはメノナイト。
ここは、メノナイトの人々と、メノナイトではない人々が共に尊重しながらも暮らす、
平和で美しい村なのです。

私たちが訪れたのは・・・
[PR]
by viva933 | 2006-10-28 15:58 | Ontario | Trackback | Comments(2)

St.Jacobsでのお宿

Queensway Landing Bed & Breakfast
a0034225_1021526.jpg

今回のトロント旅行は、長期出張で留守をしている知り合いのおうちに滞在。一戸建ての家を自由に使わせてもらったとはいえ、掃除もベッドメイキングも自分でやるため、快適なホテルライフとはいきません。なので、セント・ジェイコブスでのB&Bが、唯一、上げ膳据え膳でのんびりできた、貴重な1日でした。

a0034225_1025060.jpgオーナー夫婦自らがリフォームした客室は、居心地のよい環境作りへの気配りが感じられました。このベットも、ホテルでは味わえない、個人宅を開放しているB&Bならではの暖かな雰囲気。各部屋ごとにコーヒーメーカー(豆つき)、紅茶セット、湯沸かし器があるうえに、DVDも完備。オーナーのコレクションから、好きな映画を見ることもできます。


そして、B&Bのお楽しみは、これ!
a0034225_1030385.jpg

卵料理、ハム、ベーコン、ソーセージ、ポテト、フルーツ、パン、など、各部屋に置かれているメニューの中から食べたいものを、前夜のうちにオーダーするシステム。
もう、満足! 満腹!旅先の朝食は、やはりイングリッシュブレックファーストに限りますね^^
(ただし、この盛りだくさん朝食は旅先だけ。日本ではご飯、お味噌という朝食を好んでおります)
[PR]
by viva933 | 2006-10-27 10:38 | Ontario | Trackback | Comments(2)

St. Jacobs  異次元空間

セント・ジェイコブスに来るのは、これで5度目。
プライベートで2回、仕事で2回、そして今回、1年ぶりの訪問です。

「まるで絵本のなかの世界」

入植当時からあるような建物に、いつも変わらぬお店が並び、
いつきても年をとらない(ように感じる)人々が、
いつもの笑顔で迎えてくれる・・・・。

ほら、このほうき屋さん。
まるでハリーポッターに出てきそうでしょう。
a0034225_7323660.jpg

店内では、ほうき草をザクザクと裁断し、バサバサと束ね、くるりとまとめながら、
ほうきを1本づつ手作り。その華麗な手さばき、魔法のよう。


a0034225_7331570.jpg
右側のほうきが欲しい。これに乗ってびゅ~んと・・・・・・・・



街角ウオッチング
[PR]
by viva933 | 2006-10-27 08:01 | Ontario | Trackback | Comments(2)

St.Jacobs  に到着!

朝焼けのトロントから車を走らせること、約1時間30分。
晴れそうで、なかなか晴れず、いまにも泣きそうな空の下、
St.Jacobsという小さな村に到着しました。
a0034225_13564522.jpg

時計は、まだ9時前。
通勤かなにかの車が路上に止まってるものの、
人の姿は見えない、金曜日の朝。
都会ならすでに人に埋め尽くされているはずの時間なのに、
ここでは時間もゆっくり、人もゆっくり過ごしているのでしょう。
カナダ最大の都市、トロントからわずか1時間半という距離なのに、この違い・・・。

a0034225_14223084.jpg朝食をとろうと思っていたレストランは、まだ扉にCLOSEの札がぶらさがったまま。そこで村一番早起きのパン屋さん、「Stone Crock Bakery」を思い出し、こちらで朝ごはんにすることにしました。
店内に入ると、すでにパンをまとめ買いするお客さんお列が。さすが、古くから地元に根付いているお店です。


ただ、ここではトーストと目玉焼きというイングリッシュブレックファーストが食べられない!


じつは私、食事は温かな料理に限る!というこだわりがございまして、
パンは好きでも、熱のとれたパンで食事というのは、なんか物足りなさを感じてしまうのです。
しかも、朝食になるとその傾向が強く、パンなら焼きたて、もしくは、トーストというのが理想です。(卵料理も希望!)なので、このパン屋さんでも、オーブンからでたばかりのパンを注文したいけど、すでにショーケースのなかには熱のとれたパンが並んでいる。日本では、レンジで温めてくれるパン屋さんもあるので、お願いしてみようかしら・・・・・。
あれこれ考えながら店内を見渡していたら、冷蔵ケースのなかに、キッシュを発見!!
a0034225_1433487.jpg

朝の定番、卵料理です! レンジで温めてもらい、ホカホカの朝ごはんで今日も笑顔です。
キッシュは冷凍(あれ?チルド?)を温めたものだけど、これがベーコンのコクときのこの風味が豊かで、まるで焼きたてのよう。おいしゅうございましたよ。
(食べかけの、醜い画像ですみません)
Stone Crock Bakery   1402 King St. North, St. Jacobs.
[PR]
by viva933 | 2006-10-25 14:36 | Ontario | Trackback | Comments(4)
古く、使いこなされたワッフルやマフィン型などが並ぶコーナー。
アンティークショップでしょうか?
a0034225_691221.jpg


じつは、ここ
[PR]
by viva933 | 2005-07-05 06:09 | Ontario | Trackback | Comments(0)
今回も、ここに行ってきました。


そう、「Anna Mae's」、
メノナイトの家庭に伝わる料理を食べさせてくれるメノナイトの人のお店で、
質素で素朴な店内で、素材の良さに感動するお料理に出会えます。

前回は興奮のあまり、写真を撮り忘れ、
今回はデジカメを壊してしまい、携帯で撮影。
(私の携帯カメラ、あまり鮮明ではないのですが・・・・)

それでもよければ・・・・・・
[PR]
by viva933 | 2005-07-04 01:35 | Ontario | Trackback | Comments(4)

St. Jacobs Country Inn

今回のお宿。
ホームページでちらっと見たところ、その外観からちょっと優雅なヘリテージ・インかと思い込んでいました。が、到着してみると、エアコンが効いたロビーに漂う、新鮮な木の香り。ジム付きスパも備わっているという、近代的なホテルでした。ただし、ジムはガラス張りで、廊下からwhirlpool も丸見え。水着着用なので問題はないのですが・・・・・・・。
室料に含まれる朝食は、コンチネンタル。クロワッサンやべーグルのほかに、フルーツも豊富に用意してあるので、ヘルシーに1日をスタートできます。
(ただ、こんなふうな英国式朝食が好きな私には、物足りない感もありますが)

a0034225_2253616.jpg


お部屋のなかは
[PR]
by viva933 | 2005-07-03 22:54 | Ontario | Trackback | Comments(4)

     毎日、旅気分!         最近はバレエに夢中!


by viva933