ポワント その1

こんにちは。


先週、お仕事が一段落し、

発表会も終わり、

怒涛の更新が続いています。

久しぶりのブログ、やはり楽しいです。



バレエで少しは上達したかなぁ~と思えること、

大きな壁ややってきました。

ポワントです。

この壁、エベレストよりも高く、険しいです。



私の足には2つばかり問題があります。

まず、左右の大きさが違う。5mmほど右足が小さい。
靴は左足にあわせ、いつも24㎝を履いています。
左足はぴったりでも、右足には少しだけ余裕があり、
これがいけないんでしょうね。
靴の中で足がすべり、捻挫は数知れず・・・。
バレエを始める前は、捻挫の原因など考えず、
ただ道が悪いから、つまずいたと考えていたんです。
両足の大きさに差があることすら、気にしたことはありません。

その捻挫のせいだと思うのですが、
右足のほうが硬い。
ポワントをはいたとき、左足は甲をだせるけど、右足は全然でない。
なので、右足に重心がのらず、左足重心。
なんとかバランスをとろうと右足でも踏ん張るから、ものすごく疲れる。

足の力をつけ、
腹筋と背筋をつけることが先決なのだけど、
すぐに結果をだしたがるのも人間の情というもの。
ポワントさえ自分に合うものをはけば・・・
と、きわめて安直な考えにでるんですよね。
そうして、ポワントジプシー。

現在利用しているのはGamba97 ×××
幅広なんですよね^^;
しかも、肉厚らしく、平べったいボックスは履き心地悪し。
ポワントを何も手をかけず履いたとき左足は問題ないけど、
右足は甲がだせず、たちきれない。
で、ソールを折るようにまげてみたら、足への馴染みがよくなり、
右足でも甲が出せるようになった。
a0034225_12503652.jpg

で、思ったんです。
ポワントは右足にあわせ、甲が出しやすいヴァンプ短めがよいのかなと。
今、気になっているのがサンシャのエチュード505。
通販で購入するのが手っ取り早いんですが、
試着しないと失敗しそうで、なかなか手がでません。
写真で見るからにはヴァンプ短いようだけど、
実際に見たら、今はいているぎギャンバと変わらないのかも~、
と、だらだらといろいろな思いが浮かんでしまうのです。


ちなみに、愛用のトウカバーはこちら。
a0034225_1257183.jpg

シリコンとか、羊毛とか使ったけど、コレが今のところいちばんラク。
[PR]
by viva933 | 2012-09-04 12:57 | 私たちのバレエ教室

     毎日、旅気分!         最近はバレエに夢中!


by viva933