角砂糖

紅茶一つ淹れるのにも、濃すぎず、
又薄すぎぬように淹れなくてはならないし、
砂糖は多すぎても、少なすぎてもいけない。
魔利は角ざとうを二個のところは先ず始めに三個入れて、
最後に入れた砂糖が溶け始めたところですくい出すのである。

森茉莉(「薔薇食い姫」より)

a0034225_0231359.jpg



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・♪
紅茶より、コーヒーだし、
お砂糖は入れず、ミルクオンリーと
共通点がない。
角砂糖の微妙な甘さ加減へのこだわりもなく、
溶けかけでだされた角砂糖がもったいないと思ったり、その後の使い道を気にする私は、
やはり森茉莉のような贅沢な味覚とは縁遠いらしい。
[PR]
by viva933 | 2005-04-21 00:25

     毎日、旅気分!         最近はバレエに夢中!


by viva933