足立区の洋館

先日、小用で足立区の裏路を歩いていたら、
こんなすてきな建物を発見!

a0034225_7314676.jpg

なんだろうと思い足を止めてみたところ、
関原の森・愛恵まちづくり記念館及びまちづくり工房館という足立区の施設だとわかりました。

この建物は、もともと1930年に日本メソヂスト宣教師社団によって東京都足立区に設立された愛恵学園のもので、若き宣教師だったM.A.ペイン女史の深い信仰と地域社会への貢献によって高い信頼を得ていたそうです。
第二次世界大戦中、愛恵学園は閉園しペイン宣教師はアメリカに帰国しますが、1946年には再び来日し、ナースリー・スクール、幼稚園など再開。1992年の閉館まで、子どもの成長と教育を見守っていました。現在は区の所有となり、区民の活動拠点として活躍しています。

足立区は都内でも緑の多いエリアで、公園もところどころにあり、
いい意味で東京とは思えないほど、ゆったりしています。
私、けっこう足立マニアなんですよね。自宅のある埼玉とも近く、
お散歩圏内です。
世界の北野たけしを生んだ町、歩けば歩くほどその魅力がわかります。
[PR]
by viva933 | 2009-05-14 07:56 | 日本のどこか

     毎日、旅気分!         最近はバレエに夢中!


by viva933