発表会狂想曲 いよいよ開演~~♪

開演は5時30分。
20分前に第1の鐘がなったと思ったら、
舞台監督さんから「5分おしています」とのご連絡が楽屋に入りました。
予想外の出来事や、突発的な出来事など、いろいろあるんですね^^ 
でも、5分も10分も、もはや私には関係ありません。
まもなく幕があがることには変わりないんですから。

開演10分前に、いよいよステージのすそで待機。
第1部は生徒全員の「眠りの森の美女より~花のワルツ~」から始まるのですが、
私、なんと2番目に舞台へ登場するんです。
それも先頭に登場するのは、
ベテランもベテラン、小さな子の指導もするKさん。
第2幕ではオーロラ姫を演じるバレリーナさんですから、
もう立ち姿だけで大差がつくんです。

うかつにも、友人に「2番目に出るからね~~」と告知までしちゃって・・・
あ~あ、美しいバレリーナが登場して、(あ~~、きれいね~♪)と思ったとたん、
私の登場で「プッ!」と吹き出されるんだわっ・・・(--、)
言わなければよかったと、舞台のすそで後悔する私。

照明のまぶしさに一瞬クラッ。
しかも、私、いっちょ前に緊張してしまいました。
手足が震えるのって、なんのって。
アラベスク、思いのほかぐらついてしまいました^^;

その後、仲良しグループ8名で「白鳥の湖から~マズルカ~」で再度舞台に登場。
独特なステップに、フォーメーションがくるくる変わる演目で、
いつも何かしらミスをするため、気をひきしめての登場。
音楽と同時に舞台にあがるとき、
すそで見守っている先生からの「がんばって!」という声が、励みになりましたわ~。
たえず次の動作を頭に思い浮かべながら躍ったせいか、
初めてのノーミス。
本番ではできる子だったんだ! と調子に乗る私でした^^

残すは第2部の「眠りの森の美女 第3幕」。
自分の踊りが終わったら、そのままステージに残り、
宝石やブルーバード、オーロラ姫たちの華麗な踊りを堪能。
いつか私もパ・ド・ドゥを、という夢を膨らませるのです。
(が、自宅に戻りポアントを履いてみるも、立つことさえできず、はやくも撃沈!)

残念ながら、上演中は撮影禁止なので、踊っているときの画像はありませ~~ん。
お見せしたかったのに、本当に残念です~~(笑)

楽屋での様子をチラっとご紹介~~♪
a0034225_2330055.jpg



第2部も無事に終わり、そのままカーテンコールの準備。
会場の拍手もなりやまず、私、もう嬉しくて嬉しくて。
ふたたび緞帳があがり、おじきをしたら、キャンディー投げ。
先生が投げるぬいぐるみ入りのスペシャルなキャンディーは、
みごと私のお友達がゲットしました。

緞帳がおり、ついに終演。
もう、ともちゃんったら瞳をうるうるさせているもんだから、
私までうるうるしちゃったじゃないのっ!
ゲストダンサーのおにいさんたちも両手を広げて、ハグしてくれて。
先生もニコニコの笑顔で、「ありがとう」を連発していました。

振りがなかなか覚えられず、
音楽にのって体を動かすことができず、
もう、思い切り困った子ちゃんの私ですが、
それでも根気よく、褒めながら、おだてながら、
適格な指導をしてくれたD先生。
先生のうれしそうな顔をみれたことが、本当にうれしかった。
私たち生徒は、
本当に先生のことが大好きなんだな~~。
そう、実感させられた発表会でした。

来週から通常のレッスンが始まります。
足の甲を出すための「甲だし」という足先のストレッチと、
股関節を広げるための「カエルのポーズ」も、また始まります。
痛くて、痛くて、どうしたらやらずにすむかばかり考えていたけど、
憧れのポアントで踊れるようになるまで、
まじめにやろうと心に誓った私。

まじめにやるけど、へたれな私ですから、
「いったい~~~!」「もう、やめて~~っ!」と、
絶叫は我慢できないだろうな・・・


a0034225_0293572.jpg観に来てくれ、しかも花束までくれたお友達たち。どうもありがとう。水揚げした洗面所が、お花畑になりました。きれい^^



そうそう、この発表会、
海外の国立バレエ団からゲストダンサー(男性)を2名、
国内のバレエ団に所属するゲストダンサー(男性2名、女性3名)5名を招き、
舞台監督さんや音響さんは新国立劇場をも手掛ける一流スタッフという豪華さ。
観に来てくれたお友達からは、
「町のバレエ教室の発表会レベルじゃない」
「無料なのが申し訳ないくらいに見ごたえがあった」
「プロとアマチュアがおなじステージに立っているのに、見劣りのしない構成、演出が見事!」
と絶賛の嵐。嬉しい~。先生にはやく報告したいなぁ~♪
[PR]
by viva933 | 2009-08-11 23:30 | 私たちのバレエ教室

     毎日、旅気分!         最近はバレエに夢中!


by viva933